FOLLOW US

カズはオーバー50でJ1へ…今季、欧州主要リーグの最年長プレーヤーは?

欧州主要リーグの最年長プレーヤーは…? [写真]=Getty Images

 2019明治安田生命J2リーグのレギュラーシーズンが終了し、横浜FCが13年ぶりのJ1昇格を果たした。同クラブに所属する元日本代表FW三浦知良は、来年2月26日に53歳の誕生日を迎える。日本のトップリーグ史上初めて、50代の選手がピッチに立つ可能性があるわけだ。

 では、欧州主要リーグの“最高齢選手”は一体、何歳ぐらいなのだろうか。今回は、欧州5大リーグを含む14カ国を対象にした最年長出場ランキングを紹介する。さすがに50代はいなかったが、奮闘を続ける大ベテランたちからも目が離せない。

*今回調査対象としたのは、欧州5大リーグのほか、ポルトガル、ベルギー、ウクライナ、トルコ、オランダ、オーストリア、ギリシャ、スコットランド、ポーランドの14カ国。

■7位 エムレ・ベロゾール

エムレ・ベロゾール

[写真]=Anadolu Agency via Getty Images

出場時の年齢:39歳2カ月17日
所属クラブ:フェネルバフチェ
生年月日:1980年9月7日
国籍:トルコ

2002年の日韓ワールドカップで3位入賞を果たした当時は21歳。あれから17年が経った今も第一線で活躍を続けており、通算3度目の在籍となるフェネルバフチェではキャプテンを務めている。今シーズンはここまでリーグ戦10試合に出場。8月の開幕戦ではPKによるゴールを決めて、16シーズン連続得点という偉業を達成した。

■6位 アルカディウシュ・マラジュ

出場時の年齢:39歳5カ月4日
所属クラブ:ŁKSウッチ
生年月日:1980年6月19日
国籍:ポーランド

ポーランド代表歴こそないものの、2006年にはギリシャ1部リーグで最優秀GK賞を受賞。2015年から昨シーズンまで所属した母国の強豪レギア・ワルシャワでは、守護神としてリーグ3連覇に貢献した。世代交代の波にのまれて今年9月に現クラブへ移籍したものの、新天地でレギュラーの座を獲得し、フル出場を続けている。

■5位 マルチン・ヴァシレフスキ

ヴァシレフスキ

[写真]=Getty Images

出場時の年齢:39歳5カ月15日
所属クラブ:ヴィスワ・クラクフ
生年月日:1980年6月9日
国籍:ポーランド

岡崎慎司らとともに、レスターで“奇跡のプレミア優勝”を成し遂げたDFヴァシレフスキ。プレミア王者として過ごした2016-17シーズン限りでレスターを退団すると、母国のヴィスワ・クラクフで3年目となるシーズンを戦っている。39歳となった今も、ポーランド1部の最年長プレーヤーとしてピッチに立ち続けている。

■4位 フローラン・バルモン

バルモン

[写真]=Getty Images

出場時の年齢:39歳9カ月21日
所属クラブ:ディジョン
生年月日:1980年2月2日
国籍:フランス

バルモンはリヨンユース出身のMFで、リール在籍時の2010-11シーズンには、エデン・アザールらとともにリーグ優勝を経験している。ディジョンには2016年夏に加入し、今年5月にはリーグ・アン通算500試合出場を達成。同リーグでプレーする現役選手の中では、最多出場を誇るレジェンドだ。

■3位 クラウディオ・ピサーロ

ピサロ

[写真]=Bongarts/Getty Images

出場時の年齢:41歳1カ月20日
所属クラブ:ブレーメン
生年月日:1978年10月3日
国籍:ペルー

大迫勇也の同僚であるピサーロは、“オーバー40”のひとりだ。1999年のブレーメン加入以来、バイエルンやケルンなどを渡り歩き、20年にわたってドイツでプレー。今年5月には、ブンデスリーガの最年長ゴール記録を40歳7カ月15日に更新してみせた。すでに今シーズン限りでの引退を表明しており、欧州カップ戦出場権獲得のために全身全霊を捧げる。

■2位 ジャンルイジ・ブッフォン

ブッフォン

[写真]=Getty Images

出場時の年齢:41歳9カ月2日
所属クラブ:ユヴェントス
生年月日:1978年1月28日
国籍:イタリア

1995年11月、17歳の時にパルマでトップチームデビューを飾ったブッフォン。25年目となる今シーズンは、セリエAで4試合に出場している。第10節のジェノア戦では、ユヴェントスでのリーグ戦出場数を513試合に伸ばし、かつての同僚であるアレッサンドロ・デル・ピエロ氏が持つクラブ歴代最多記録に肩を並べた。

■1位 ヴィトリーノ・イウトン

イウトン

[写真]=Getty Images

出場時の年齢:42歳2カ月11日
所属クラブ:モンペリエ
生年月日:1977年9月13日
国籍:ブラジル

今シーズンの欧州主要リーグで、最年長出場記録を持つのがモンペリエの主将を務めるDFイウトンだ。2002年に欧州生活をスタートさせると、2011年夏にリールの一員に。1年目からセンターバックのレギュラーとして活躍し、クラブ史上初のリーグ・アン制覇を達成した。今シーズンも開幕から14試合連続でフル出場を続けるなど、衰え知らずの“鉄人”だ。

(記事/Footmedia)

セリエA観るならDAZN!
期間限定2カ月無料キャンペーンはこちら



SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA