2019.11.14

ヴェンゲル氏の新天地はFIFA!…世界のサッカー発展に従事へ「挑戦が楽しみ」

ヴェンゲル
FIFAの要職に就くことが決まったヴェンゲル氏 [写真]=Icon Sport via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 FIFA(国際サッカー連盟)は13日、元アーセナル指揮官のアーセン・ヴェンゲル氏が「グローバル・フットボール・ディベロップメント」部門のトップに就任したことを発表した。

「グローバル・フットボール・ディベロップメント」は国際的なサッカーの発展を促進する部門で、「ヴェンゲル氏は、世界における男女のサッカーの普及と発展の指導と促進を主に担当します」と説明されている。また、競技規則などを定める国際サッカー評議会(IFAB)のサッカー諮問委員会とテクニカル諮問委員会のメンバーと、FIFAテクニカル・スタディ・グループの所長も兼任するという。

 ヴェンゲル氏は、FIFAの公式サイトを通じて、「私はより広い視野でフットボールを分析することが好きなだけではなく、FIFAのミッションが真にグローバルであることから、この極めて重要なチャレンジがとても楽しみです」とコメントした。

 2017-18シーズン限りで22年間務めたアーセナルの監督を退任して以降、去就に注目が集まっていたヴェンゲル氏。最近ではバイエルンの指揮官就任の噂も報じられていた。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
46pt
レスター
38pt
マンチェスター・C
32pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
31pt
ライプツィヒ
30pt
ドルトムント
26pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
レアル・マドリード
34pt
セビージャ
31pt
欧州順位をもっと見る
インテル
38pt
ユヴェントス
36pt
ラツィオ
33pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング