2019.10.20

南野は途中出場、奥川はフル出場も両者不発…ザルツブルクはドローで開幕11戦無敗

南野拓実
ザルツブルクの南野拓実(写真は10月のリヴァプール戦)[写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 オーストリア・ブンデスリーガ第11節が19日に行われ、日本代表FW南野拓実とFW奥川雅也が所属するザルツブルクはアウェイでシュトゥルム・グラーツと対戦した。奥川が3試合連続のフル出場。代表戦から中3日の南野はベンチスタートで71分から途中出場した。

 ザルツブルクは開幕10試合無敗(9勝1分け)で首位を快走。しかし試合はホームの5位シュトゥルムが先に試合を動かす。17分、左サイドからのクロスにトルステン・ロヒャーが頭で合わせると、シュートはGKチチャン・スタンコヴィッチの好守に防がれたが、クロスバーに弾かれたこぼれ球をイヴァン・リュビチが押し込んで先制点を挙げた。

 ザルツブルクは40分にもピンチを迎え、ベキム・バライにエリア中央から決定的なシュートを打たれたが、これはGKスタンコヴィッチの好セーブに助けられた。逆に45分にはアーリング・ハーランドが同点のチャンスを迎えたが、エリア中央から放った左足シュートはクロスバー上に外れた。

 後半に入ってもゴールが遠いザルツブルクは71分、モハメド・カマラを下げて南野を送り出す。直後の73分、マクシミリアン・ウーバーがエリア前左からミドルシュートを放つと、DFにブロックされたボールをセク・コイタが押し込んで同点に追いついた。

 逆転を目指すザルツブルクはその後も77分にマジード・アシメルがエリア内に抜け出し、81分にはパトソン・ダカがゴール前で折り返しに合わせたが、どちらも得点には結びつかず。試合はこのまま終了し、ザルツブルクは連勝が2でストップしたが、開幕から11試合無敗(9勝2分け)となった。

 次節、ザルツブルクは27日にホームでFW北川航也が所属するラピード・ウィーンと、シュトゥルムは26日にアウェイでザンクト・ペルテンと対戦する。

【スコア】
シュトゥルム・グラーツ 1-1 ザルツブルク

【得点者】
1-0 17分 イヴァン・リュビチ(シュトゥルム)
1-1 73分 セク・コイタ(ザルツブルク)

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
34pt
レスター
26pt
チェルシー
26pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
25pt
ライプツィヒ
21pt
バイエルン
21pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
25pt
レアル・マドリード
25pt
アトレティコ・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
32pt
インテル
31pt
ラツィオ
24pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング