2019.03.21

欧州主要各国で最も多くの代表選手を輩出している下部組織は?

クルトワ、ラッシュフォード、C・ロナウド、ユムティティ、デ・リフト、モラタ、ノイアー、ベルナルデスキ
欧州主要各国の代表に選出されている選手たち [写真]=Getty Images
「フットボール」と「メディア」ふたつの要素を併せ持つプロフェッショナル集団を目指し集まったグループ。

 いよいよ明日22日に、キリンチャレンジカップ2019のコロンビア代表戦を戦う日本代表。今回の招集メンバー発表を受けて話題になったのが、各選手が高校時代に過ごした下部組織に関する情報だった。

 代表復帰を果たしたMF中島翔哉(アル・ドゥハイル)とMF小林祐希(ヘーレンフェーン/オランダ)、さらに今回が代表初招集となった安西幸輝(鹿島アントラーズ)と畠中槙之輔(横浜F・マリノス)の4名は、全員が東京ヴェルディの下部組織出身。今回の日本代表において、高校年代出身クラブの最大勢力となった。

 では、欧州主要各国で、最も多くの代表選手を輩出している下部組織はどこなのか。今回は、ベルギー、フランス、イングランド、ポルトガル、スペイン、オランダ、ドイツ、イタリアの8カ国について、今年3月に発表されたメンバーをもとに調査してみた。

 なお、欧州ではユース年代の移籍が頻発に起こるため、本稿では各選手が育った「下部組織(出身クラブ)」を、ユース時代に最後に在籍したクラブ、あるいはトップチーム昇格時に所属していたクラブとする。

*今回の調査はメンバー発表時の選手たちを対象とし、追加招集や離脱はカウントしない。
*以下、カッコ内は現所属クラブ。

■ベルギー代表

最大勢力:KRCヘンク 5名

GKティボー・クルトワ(レアル・マドリード/スペイン)
GKクーン・カステールス(ヴォルフスブルク/ドイツ)
MFティモシー・カスターニュ(アタランタ/イタリア)
FWクリスティアン・ベンテケ(クリスタル・パレス/イングランド)
FWレアンドロ・トロサール(KRCヘンク)

FIFAランキング1位のベルギーで最大勢力を誇るのは、KRCヘンク出身選手だった。伊東純也が所属する同クラブは、ベルギー有数の育成クラブとして知られている。今回はケガで招集外となったが、ケヴィン・デ・ブライネ(マンチェスター・C)も下部組織出身者の一人だ。

■フランス代表

最大勢力:リヨン/パリ・サンジェルマン 各3名

<リヨン>
DFサミュエル・ユムティティ(バルセロナ/スペイン)
FWアントニー・マルシャル(マンチェスター・U/イングランド)
FWナビル・フェキル(リヨン)

<パリ・サンジェルマン>
GKアルフォンス・アレオラ(パリ・サンジェルマン)
DFプレスネル・キンペンベ(パリ・サンジェルマン)
FWキングスレイ・コマン(バイエルン/ドイツ)

“世界王者”のフランスでは、育成の名門として知られるリヨン、そしてパリ・サンジェルマン出身の選手が最大勢力となった。後者は“金満クラブ”のイメージが強いが、育成にも力を注いでおり、未来の代表戦士たちが数多く在籍している。

■イングランド代表

最大勢力:マンチェスター・U 3名

GKトム・ヒートン(バーンリー)
DFマイケル・キーン(エヴァートン)
FWマーカス・ラッシュフォード(マンチェスター・U)

“サッカーの母国”イングランドでは、国内で最も優れた育成機関と言われるマンチェスター・U出身の選手が最大勢力に。もっとも、ヒートンとキーンはトップチームで活躍することはできず、他クラブで実力を磨いて代表入りを果たした。

■ポルトガル代表

最大勢力:ベンフィカ/スポルティング 各7名

<ベンフィカ>
DFジョアン・カンセロ(ユヴェントス/イタリア)
DFマリオ・ルイ(ナポリ/イタリア)
DFルベン・ディアス(ベンフィカ)
MFダニーロ・ペレイラ(ポルト)
FWベルナルド・シルヴァ(マンチェスター・C/イングランド)
FWゴンサロ・グエデス(バレンシア/スペイン)
FWジョアン・フェリックス(ベンフィカ)

<スポルティング>
GKルイ・パトリシオ(ウルヴァーハンプトン・ワンダラーズ/イングランド)
GKベト(ギョズテペ/トルコ)
DFジョゼ・フォンテ(リール/フランス)
MFジョアン・モウティーニョ(ウルヴァーハンプトン・ワンダラーズ/イングランド)
MFウィリアム・カルバーリョ(ベティス/スペイン)
MFジョアン・マリオ(インテル/イタリア)
FWクリスティアーノ・ロナウド(ユヴェントス/イタリア)

“育成王国”として名高いポルトガルで最大勢力を誇るのは、ベンフィカとスポルティングの2クラブだった。両者には優れた育成システムが存在し、絶えず“金の卵”を輩出している。ポルトガルで育ったあと、主要リーグに移籍してさらに成長を遂げるというサイクルも特徴的だ。

■スペイン代表

最大勢力:レアル・マドリード 4名

DFマリオ・エルモーソ(エスパニョール)
MFダニエル・パレホ(バレンシア)
FWアルバロ・モラタ(アトレティコ・マドリード)
FWロドリゴ(バレンシア)

ルイス・エンリケ新監督の下、世代交代が進むスペインでは、スーパースター軍団でありながら、「ラ・ファブリカ(工場の意味)」と呼ばれる優秀な育成組織も持つレアル・マドリードの出身選手が最多4名を数えた。なお、バルセロナ(セルヒオ・ブスケツなど)とバレンシア(フアン・ベルナトなど)の出身選手が3名で続いた。

■オランダ代表

最大勢力:アヤックス 6名

GKマルコ・ビゾート(AZ)
DFデイリー・ブリント(アヤックス)
DFマタイス・デ・リフト(アヤックス)
DFケニー・テテ(リヨン/フランス)
DFドニー・ファン・デ・ベーク(アヤックス)
FWライアン・バベル(フルアム/イングランド)

ロナルド・クーマン監督の下、UEFAネーションズリーグで4強入りを果たしたオランダ。最大勢力を誇るのは、名門アヤックス育ちの選手たちだった。デ・リフトなど若い世代のみならず、30歳を超えて再び代表の常連になったバベルの招集も同国の“復活”を印象づけている。

■ドイツ代表

最大勢力:シャルケ、シュトゥットガルト、ボーフム 各3名

<シャルケ>
GKマヌエル・ノイアー(バイエルン)
DFティロ・ケーラー(パリ・サンジェルマン/フランス)
FWレロイ・サネ(マンチェスター・C/イングランド)

<シュトゥットガルト>
DFアントニオ・リュディガー(チェルシー/イングランド)
MFヨシュア・キミッヒ(バイエルン)
FWティモ・ヴェルナー(ライプツィヒ)

<ボーフム>
DFルーカス・クロステルマン(ライプツィヒ)
MFレオン・ゴレツカ(バイエルン)
MFイルカイ・ギュンドアン(マンチェスター・C/イングランド)

ドイツでは、シャルケ、シュトゥットガルト、ボーフムの3クラブが最大勢力に。なおヨアヒム・レーヴ監督によるベテラン3選手の招集外が話題を呼んだが、マッツ・フンメルスとトーマス・ミュラーが選出されていれば、トニ・クロースと共に“バイエルン勢”も最多3名を数えていた。

■イタリア代表

最大勢力:フィオレンティーナ 4名

DFクリスティアーノ・ピッチーニ(バレンシア/スペイン)
DFジャンルカ・マンチーニ(アタランタ)
FWフェデリコ・ベルナルデスキ(ユヴェントス)
FWフェデリコ・キエーザ(フィオレンティーナ)

昨年、60年ぶりにW杯出場を逃したイタリア。ロベルト・マンチーニ監督による積極的な世代交代が推し進められるなか、最大勢力となったのはフィオレンティーナ出身の選手たちだった。とりわけ、ベルナルデスキとキエーザの“フェデリコ組”に寄せられる期待は大きく、カルチョ復権のカギを握る存在となっている。

(記事/Footmedia)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
89pt
リヴァプール
88pt
トッテナム
70pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
70pt
ドルトムント
69pt
ライプツィヒ
61pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
80pt
アトレティコ・マドリード
71pt
レアル・マドリード
64pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
87pt
ナポリ
67pt
インテル
61pt
欧州順位をもっと見る