2019.03.16

カンナバーロ氏が中国代表の指揮官に就任…広州恒大の監督と兼任に

ファビオ・カンナバーロ
中国代表の新監督となったカンナバーロ氏 [写真]=VCG via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 中国サッカー協会(CFA)は15日、同国代表の指揮官にファビオ・カンナバーロ氏が就任することを発表した。同氏は現在指揮を執っている広州恒大と兼任して中国代表の監督を務めることとなる。

 現在45歳のカンナバーロ氏は、現役時代にユヴェントスやレアル・マドリードで活躍。2006 FIFAワールドカップ ドイツではイタリア代表の優勝に大きく貢献し、同年にDF史上初となるバロンドールを受賞した。引退後は指導者に転身し、2014年11月に広州恒大の指揮官に就任。2015年6月に退任すると、その後はアル・ナスル、天津権健(現在は天津天海)でキャリアを積み、2017年11月から再び広州恒大を率いていた。

 今年1月に行われたAFCアジアカップUAE2019終了後、2016年10月から中国代表の指揮を執っていたマルチェロ・リッピ監督が退任を表明。後任としてカンナバーロ氏が中国代表を率いることが決まった。なお、リッピ氏はアドバイザーとして今後も中国代表をサポートし続けていくという。

 カンナバーロ新監督の初陣は21日に行われるチャイナカップ・タイ代表戦となる見込みだ。25日にはウルグアイ代表またはウズベキスタン代表と対戦する。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
76pt
マンチェスター・C
74pt
トッテナム
61pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
60pt
ドルトムント
60pt
ライプツィヒ
49pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
66pt
アトレティコ・マドリード
56pt
レアル・マドリード
54pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
75pt
ナポリ
60pt
インテル
53pt
欧州順位をもっと見る