2019.01.23

GKティム・ハワードが今季限りで現役引退へ…エヴァートンなどで活躍

ティム・ハワード
ティム・ハワードが今季限りでの現役引退を表明 [写真]=AMA/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 メジャーリーグ・サッカー(MLS)のコロラド・ラピッズに所属する元アメリカ代表GKティム・ハワードが、2019シーズン限りでの現役引退を表明した。

 ハワードは22日、自身の公式ツイッターを更新。3月より開幕するMLSの新シーズンが、自らの現役ラストイヤーになることを明かしている。

「MLSの2019シーズン開幕を本当に楽しみにしている。僕の最後のシーズンとなるからね。感傷に浸る時間はあとでたくさんある。今は、1分1分を楽しむつもりだ。そして、いつもやってきた通り、一生懸命競争してラピッズの勝利を手助けできるよう全力を尽くすよ」

 現在39歳のハワードは、1998年にメトロスターズ(アメリカ)でプロデビューし、2003年夏にはマンチェスター・Uへの移籍を果たした。2006年夏にはエヴァートンへ加入。同クラブでは長きにわたって守護神として活躍し、プレミアリーグで354試合に出場した。これは、同クラブにおける最多試合出場記録となっている。そして、同選手は2015-16シーズンをもってエヴァートンを退団し、コロラド・ラピッズでプレーしていた。

 アメリカ代表としても2002年から活躍を重ね、通算試合出場数は「121」を数える。ワールドカップには3度出場。2014年のブラジル大会では、決勝トーナメント1回戦・ベルギー代表戦で相手のシュート16本を止め、ワールドカップでの1試合における最多セーブ記録となっている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
リヴァプール
65pt
トッテナム
60pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
50pt
バイエルン
48pt
ボルシアMG
43pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
54pt
アトレティコ・マドリード
47pt
レアル・マドリード
45pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
66pt
ナポリ
53pt
インテル
46pt
欧州順位をもっと見る