2018.12.11

【動画】宇賀神だけじゃない…! 決勝戦で生まれた圧巻のボレーシュート5選

ジダン
決勝戦で生まれたボレーシュートを紹介 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 9日に行われた天皇杯決勝は、宇賀神友弥の衝撃的なボレーシュートが決勝ゴールとなり、浦和レッズの優勝で幕を閉じた。ペナルティエリア手前でクロスボールのこぼれ球に反応した宇賀神が走り込みながら右足ボレーで合わせると、ドライブ回転のかかったボールがネットに突き刺さった。

 練習でも滅多に決まらないような、真似をしようとしてもなかなかできないようなスーパーゴールが、決勝という大舞台で飛び出した。そんな宇賀神の一撃に引けを取らない、“決勝戦”で生まれた“ボレーシュート”によるゴール5選を紹介する。

■マルコ・ファン・バステン(オランダ代表)

【ユーロ88決勝 オランダvsソビエト連邦】
1988年に行われたユーロ88の決勝で生まれた一発。1点のリードで迎えた54分、左サイドからアーリークロスが入ると、エリア内右深い位置に走り込んだファン・バステンは迷うことなく右足ボレーで合わせる。角度のない位置からのシュートだったが、ドライブ回転のかかったボールはGKの頭上を超えて逆サイドネットを揺らした。

■ジネディーヌ・ジダン(レアル・マドリード)

【2001-02チャンピオンズリーグ決勝 レアル・マドリードvsレヴァークーゼン】
チャンピオンズリーグ史上最も美しいゴールとも言われるジダンのボレー弾。1-1で迎えた前半終了間際の45分、左サイドを駆け上がったロベルト・カルロスが山なりのクロスを放り込むと、ジダンは一度静止した状態から美しいフォームの左足ボレーを繰り出す。完璧な軌道を描いたボールがゴール左上に吸い込まれた。

■李忠成(日本代表)

【アジアカップ2011決勝 日本vsオーストラリア】
日本を2大会ぶり4度目のアジア王者へ導くゴールは、ボレーシュートのお手本と言えるほど美しい一発だった。スコアレスのまま迎えた延長後半の109分、左サイドを突破した長友佑都がクロスを上げると、中央で待ち構えていたのは李忠成。綺麗なフォームから左足で完璧にボールを捉え、GKが一歩も動けないシュートを突き刺した。

■マリオ・ゲッツェ(ドイツ代表)

【2014ワールドカップ決勝 ドイツvsアルゼンチン】
当時22歳だったゲッツェは88分にミロスラフ・クローゼとの交代でピッチに入ると、0-0のまま迎えた延長後半に大仕事をやってのける。113分、左サイドをドリブル突破したアンドレ・シュールレがニアサイドにクロスを供給。走り込んだゲッツェは胸でコントロールしたボールをそのまま左足ボレーでネットに突き刺し、ドイツを24年ぶりの世界一へ導いた。

■マリオ・マンジュキッチ(ユヴェントス)

【2016-17チャンピオンズリーグ決勝 ユヴェントスvsレアル・マドリード】
2年ぶりにファイナルに上り詰めたユヴェントスだが、1-4の完敗で悲願のCL制覇は叶わなかった。しかし、この試合で生まれた5ゴールの中でベストだったのはマンジュキッチのボレーシュートだろう。レオナルド・ボヌッチのロングパスをアレックス・サンドロが折り返し、中央のゴンサロ・イグアインが落とす。一度も地面に落ちることなくつながったボールをマンジュキッチが胸でコントロールし、バイシクル気味にジャンピングボレーで叩くと、弧を描いたボールがゴール右上へ吸い込まれた。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
46pt
レスター
35pt
マンチェスター・C
32pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
31pt
ライプツィヒ
30pt
ドルトムント
26pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
レアル・マドリード
34pt
セビージャ
30pt
欧州順位をもっと見る
インテル
38pt
ユヴェントス
36pt
ラツィオ
33pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング