2018.11.21

本田圭佑、監督就任後6戦目で初勝利…カンボジア代表、ラオスに3発快勝

本田圭佑
カンボジア代表の実質上の監督を務めている本田圭佑 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 AFFスズキカップ(東南アジア選手権)第3節が20日に行われ、オーストラリア・Aリーグのメルボルン・ビクトリーに所属するMF本田圭佑が実質的監督兼GM(ゼネラルマネージャー)として率いるカンボジア代表が、ホームでラオス代表に3-1と勝利。本田監督にとっての初白星となった。

 本田監督の就任後、ベンチには入らなかった試合も含めて5試合で1分け4敗と勝利がなかったカンボジア。同監督が指揮を執った今回のラオス戦では、前半を2-0で終えると、76分に1点を返された直後に3点目を奪って突き放し、ついに勝利を収めた。

 カンボジアはグループAの3試合を終えて1勝2敗の勝ち点「3」で4位。グループステージ敗退は決まったが、大きな意味を持つ勝利となった。次節は24日、ベトナム代表とのアウェイゲームを控えている。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
76pt
マンチェスター・C
74pt
トッテナム
61pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
60pt
ドルトムント
60pt
ライプツィヒ
49pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
66pt
アトレティコ・マドリード
56pt
レアル・マドリード
54pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
75pt
ナポリ
60pt
インテル
53pt
欧州順位をもっと見る