2018.10.23

ボルト氏、プロ契約交渉が難航…クラブは実力と金銭の両面を問題に

ウサイン・ボルト
交渉が停滞しているボルト氏 [写真]= Getty Images
サッカー総合情報サイト

 オーストラリア・Aリーグのセントラルコースト・マリナーズと、元陸上五輪金メダリストのウサイン・ボルト氏との間で行われている交渉が停滞しているようだ。23日、同クラブが公式HP上で明かしている。

 現在32歳のボルト氏は、今年8月からマリナーズのトライアルに参加。先週行われたプレシーズンマッチで2得点を挙げ、世界中から関心が高まっている。

 マリナーズは、ボルト氏にオファーを出したことを認めたが、今後に関しては「現在も交渉中」と補足。年俸面で折り合いがついていないようだ。オーストラリアメディア『デイリー・テレグラフ』によると、マリナーズは15万オーストラリアドル(約1200万円)でのオファーを提示していたが、ボルト氏の代理人は300万オーストラリアドル(約2億4000万円)を要求しているという。

 マリナーズは金銭面について交渉しており「選手とクラブにとって良い方法があれば、両者は今後も協議を続け、正式な合意を交わすだろう」とコメント。また、同クラブはスポンサーを探していることを明かしており「第三者の経済的な協力がなければ、ボルト氏とクラブが合意する可能性は低い」と交渉が難航していることを認めた

 加えてマリナーズは、フットボール選手としての資質についても言及。次のようにコメントし、実力不足を示唆している。

「ウサインはセントラルコーストにいる間に大きく進歩した。そしてより強度のある個人練習を行い、試合で経験を積めばさらに成長するだろう。しかしこのチームにはAリーグで経験を積ませられる余裕がないため、あらゆる方法を検討している」

 ボルト氏はこれまで、ドイツや南アフリカ、ノルウェーのクラブでトライアウトを受けている。また、マルタ王者のバレッタFCからのオファーに断りを入れたと明かしているが、果たして同氏はプロサッカー選手としてのキャリアをスタートさせることができるのだろうか、注目が集まっている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る