2018.10.18

守護神オブラク批判が決定打に? スロヴェニア指揮官の解任が決定

カヴチッチ
スロヴェニア代表・カヴチッチ監督の解任が決定 [写真]=MB Media/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 スロヴェニアサッカー協会(NZS)は17日、トマス・カヴチッチ監督の解任を発表した。

 NZSは解任の理由を「UEFAネーションズリーグにおける成績不振」と説明している。スロヴェニアは同大会でリーグCグループ3の4試合を戦い終えて0勝1分け3敗。4チーム中最下位に沈み、リーグDへの降格が濃厚な状況だ。

 また、スペイン紙『マルカ』は、カヴチッチ監督がGKヤン・オブラク(アトレティコ・マドリード/スペイン)を批判したことが解任の決定打になったと伝えている。オブラクは、16日に行われたキプロス代表戦を肩の負傷を理由に欠場。これについて、カヴチッチ監督は「彼は私に話してこないんだ。私は騙された。非常に悲しいよ」とコメントし、連絡なしに欠場したとして批判していた。しかしながら、同紙によれば実際のところオブラクはNZSから許可を得ていたとのこと。カヴチッチ監督は騙されていたわけではなく、知らなかったのだという。

 なお、スロヴェニアの新指揮官は現時点では決まっていない。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る