2018.09.25

eスポーツ参入にファンが抗議…ピッチにコントローラーが投げ込まれる

ヤングボーイズ
クラブに抗議する姿勢を見せたヤングボーイズのサポーター [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 スイス・スーパーリーグの試合中に、クラブのeスポーツへの投資にサポーターが抗議したことで、試合が一時中断された。24日、海外メディア『eurogamer』が伝えている。

 「eスポーツ」とは「エレクトロニック・スポーツ」(electronic sports)の略称で、主に対人戦要素のあるビデオゲームをスポーツ競技として扱う際に使われる。欧米ではすでに多くのクラブがeスポーツに投資をしており、プロゲーマーやプロチームを抱えているクラブも多い。

 スイス・スーパーリーグのヤングボーイズもeスポーツに投資する考えを明らかにしたが、一部サポーターは快く思っていないようだ。23日に行われたリーグ戦第7節ヤングボーイズとバーゼルの試合中にサポーターが抗議。客席からゲームのコントローラーや大量のテニスボールが投げ込まれたことで、試合は一時中断された。

 クラブの熱狂的なサポーターたちは、eスポーツという仮想の世界に参入することよりも、現実のチームへの投資を望んでいるという。客席には、「一時停止」のマークが描かれた巨大な横断幕も掲げられ、クラブのeスポーツ参入に抗議が行われた。

 試合は程なくして再開され、ホームのヤングボーイズが7-1で勝利を収めた。しかし、円滑に試合を実施することができず、一時中断を余儀なくされたクラブにはリーグ側から処分が下される可能性もあるようだ。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る