2018.07.23

メキシコ代表の39歳マルケスが現役引退…W杯5度出場、バルサなどで活躍

マルケス
現役引退を発表したマルケス [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 メキシコのアトラスに所属する同国代表DFラファエル・マルケスが、自身のインスタグラムにて現役引退を発表した。

 マルケスは1979年生まれの39歳。アトラスの下部組織からトップチームに昇格してプロキャリアを開始し、1999年からはモナコ(フランス)でプレーした。そして2003年、バルセロナへ移籍。2010年まで所属し、リーガ・エスパニョーラを4回、チャンピオンズリーグ(CL)を2回制覇。以後はメジャーリーグ・サッカー(MLS)のニューヨーク・レッドブルズ、メキシコのクラブ・レオン、イタリアのヴェローナと渡り歩き、2016年からは古巣アトラスに戻ってプレーを続けていた。

 メキシコ代表としても長年に渡ってプレーし、1997年のデビュー後、FIFAワールドカップには5回出場。今年のロシア大会でもピッチに立ち、史上3人目の偉業を成し遂げた。

 現役引退にあたり、マルケスはインスタグラムにスペイン語でのメッセージを記した画像を4枚掲載。感謝の思いをつづっている。

Simplemente Gracias!! #4ctitud

A post shared by Rafael Marquez A (@rafa_marquez_rm4) on

欧州リーグ順位表

リヴァプール
45pt
マンチェスター・C
44pt
トッテナム
39pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
39pt
ボルシアMG
30pt
バイエルン
30pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
セビージャ
31pt
アトレティコ・マドリード
31pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
46pt
ナポリ
38pt
インテル
32pt
欧州順位をもっと見る