2018.07.17

ケーヒル、オーストラリア代表引退を表明…歴代1位の50得点を記録

ティム・ケーヒル
代表引退を表明したケーヒル [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 FWティム・ケーヒルが17日、自身のツイッターを更新し、オーストラリア代表を引退することを発表した。

「今日、正式に代表から引退する。自分の国を代表してプレーできたことを言葉にすることはできない。オーストラリア代表のユニフォームを着ている間にサポートしてくれた全ての人に感謝したい」

 ケーヒルは1979年生まれの現在38歳。当時24歳の2004年5月31日のタヒチ戦で代表デビューをした。2017年6月25日に行われたFIFA コンフェデレーションズカップ ロシア 2017のグループB最終節のチリ戦で、通算100試合出場を達成。2018 FIFAワールドカップ ロシアの代表メンバーにも選出され、1試合に途中出場していた。代表通算では107試合に出場し、同国史上最多の50得点を記録した。また、日本代表戦では通算5得点を挙げ、日本の“天敵”と言える存在だった。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
23pt
リヴァプール
23pt
チェルシー
21pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
20pt
ボルシアMG
17pt
ブレーメン
17pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
エスパニョール
17pt
アラベス
17pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
25pt
ナポリ
21pt
インテル
19pt
欧州順位をもっと見る