2018.06.08

古巣が無償レンタル申し出も…不振のR・サンチェス、バイエルン復帰へ

レナト・サンチェス
2017-18シーズンはスウォンジーでプレーしたレナト・サンチェス [写真]=Getty Images
ドイツ最大のサッカー専門誌『kicker』日本語版

 2017-18シーズンはスウォンジーでプレーしたポルトガル人MFレナト・サンチェスが、バイエルンに復帰することが有力となっているようだ。ドイツ誌『Kicker』日本語版が7日に報じている。

 現在20歳のR・サンチェスは昨年夏、バイエルンからスウォンジーへレンタル移籍で加入したものの、プレミアリーグ最下位でチャンピオンシップ(イングランド2部)降格となったチームにあって、出場はわずか12試合。失意のシーズンを過ごす結果となった。

 ユーロ2016ではポルトガル代表の一員として活躍を見せ、同年夏のバイエルン移籍につなげたR・サンチェスだが、ここ2シーズンの低調によって2018 FIFAワールドカップ ロシアでも代表メンバーから落選。思うように飛躍を遂げることができていない。

 報道によると、バイエルン移籍前に所属していたベンフィカがR・サンチェスの無償でのレンタル移籍加入を提案したという。古巣が復活の場を用意した形だが、バイエルンは断りを入れた模様。2018-19シーズンはバイエルンに復帰し、ニコ・コヴァチ新監督の下で復活を期すことになるようだ。

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
SPAL
9pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る