2018.05.21

南野と奥川が4度目の日本人対決…5連覇ザルツブルク、ホーム最終戦で劇的勝利

南野拓実
マッタースブルク戦に先発出場した南野拓実 [写真]=Bongarts/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 オーストリア・ブンデスリーガ第35節が20日に行われ、FW南野拓実が所属するザルツブルクと、FW奥川雅也の所属するマッタースブルクが対戦した。南野と奥川はそれぞれ先発出場で、今シーズン同カード4試合連続で日本人対決が実現した。

 前半は、すでにリーグ5連覇を決めているザルツブルクが主導権を握るが、なかなかゴールが生まれない。25分、ハンネス・ヴォルフが強烈な左足ミドルを放つが、これはクロスバー直撃。34分には、FKの流れでモアネス・ダブールが体で押し込むが、ハンドの判定でゴールは認められなかった。

 後半に入ってザルツブルクは52分、南野が浮き球パスをエリア手前中央で体を張って収め、落としをダブールがダイレクトで狙うが、シュートは枠を捉えず。その後もザルツブルクは攻勢を続けたが、56分にヴォルフがカウンターで抜け出した奥川に後方からタックルを見舞い、レッドカードで一発退場。奥川は右ふくらはぎに相手の足裏が入り、ピッチ外で治療を受けたが、大事には至らずプレーを続行した。

 ザルツブルクは74分、南野を下げてフレドリック・グルブランドセンを投入。一方。これまでシュート0本のマッタースブルクは76分、奥川に代えてパトリック・ビュルガーを送り出す。84分、カウンターからアンドレアス・グルーバーがエリア手前左で左足を振り抜くが、マッタースブルク唯一のシュートはクロスバー上に外れた。

 後半アディショナルタイム5分、試合がついに動く。右サイドのFKからファーのダブールが頭で落とし、中央のグルブランドセンが押し込んでゴール。ザルツブルクが1-0の劇的勝利で今シーズンのホーム最終戦を白星で飾った。

【スコア】
ザルツブルク 1-0 マッタースブルク

【得点者】
1-0 90+5分 フレドリック・グルブランドセン(ザルツブルク)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
23pt
リヴァプール
23pt
チェルシー
21pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
20pt
ボルシアMG
17pt
ブレーメン
17pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
エスパニョール
17pt
アラベス
17pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
25pt
ナポリ
21pt
インテル
19pt
欧州順位をもっと見る