2018.04.22

パチューカは下位相手にスコアレスドロー…本田が先発フル出場も不発

本田圭佑
本田圭佑(写真はサントス・ラグーナ戦のもの) [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 リーガMX後期第16節が21日に行われ、8位につけているパチューカは敵地で16位のケレタロと対戦した。日本代表MF本田圭佑はスタメン出場を果たしている。

 主導権を握ったのはケレタロ。立ち上がりからパチューカを攻め立て、何度もチャンスを迎えるが、パチューカの守護神アルフォンソ・ブランコが好セーブをみせ、ゴールは生まれなかった。

 パチューカも徐々に攻勢に出ると41分、ケレタロのGKが弾いたボールがエリア内でフリーの本田の目の前へ。すかさず左足を振り抜くが、これは力が入ってしまい枠を大きく外してしまった。前半はスコアレスで折り返す。

 気温が30度を越え暑い中、両者一歩も譲らず試合は終盤へ。90分にはカウンターの流れからエリア内に走り込んだ本田にパスが通る。相手GKの位置を見て本田はループを狙ったが、枠の上に外れてしまいゴールとはならず。

 本田の3試合連続得点は生まれず試合はこのまま終了。スコアレスドローで勝ち点1を分け合った。

【スコア】
ネカクサ 0-0 パチューカ

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
23pt
リヴァプール
23pt
チェルシー
21pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
20pt
ボルシアMG
17pt
ブレーメン
17pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
エスパニョール
17pt
アラベス
17pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
25pt
ナポリ
21pt
インテル
19pt
欧州順位をもっと見る