2018.03.14

同級生の本田圭佑に自らスポンサー引き連れ異例の売り込み…橋本晃司が米2部に移籍

橋本晃司
橋本晃司の新天地はアメリカに決まった [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 水戸ホーリーホックを契約満了で退団したMF橋本晃司が、アメリカ2部のオレンジカウンティSCに加入することが発表された。オレンジカウンティSCにとって橋本は初の外国籍選手となる。

 橋本は水戸退団後、海外クラブでのプレーを模索。その際に星稜高校で同級生の本田圭佑(パチューカ)がオレンジカウンティSCの経営に参入したというニュースを見て、本田に自身を売り込んだ。しかしながら、アメリカ2部のクラブとあって橋本に十分な年俸を提示できず。その後、橋本自ら営業を重ねて日本からスポンサー3社を獲得。3社をクラブスポンサーとして連れてきた上で再度売り込み、オレンジカウンティSC入団が決定した。

 橋本はすでにチームに合流しており、17日の開幕戦で元コートジボワール代表FWディディエ・ドログバが所属するフェニックス・ライジングと対戦する。

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
サッスオーロ
10pt
SPAL
9pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
55pt
川崎F
49pt
FC東京
42pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
61pt
町田
60pt
大分
57pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
44pt
鹿児島
43pt
沼津
40pt
Jリーグ順位をもっと見る