2018.03.13

40歳になったドログバ、今季限りで現役引退へ「いつだってプレーすることが楽しかった」

ディディエ・ドログバ
現在フェニックス・ライジングでプレーするドログバ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 アメリカ3部にあたるUSLプロフェッショナルリーグ(USL)のフェニックス・ライジングFCで選手兼共同オーナーとして活躍する、元コートジボワール代表FWディディエ・ドログバが、今シーズン限りで現役を引退する考えがあることを明かした。フランステレビ『テレフット』のインタビューに答えている。

 ドログバは3月11日に誕生日を迎え、40歳に。メジャーリーグサッカー(MLS)のモントリオール・インパクトでのプレーを経て、昨年4月に「この組織の役に立ち、ピッチの内外で彼らの助けになりたい」との考えからフェニックス・ライジングに加入していた。

 インタビューで同選手は「僕にとって、プレーできることはいつだって最高の喜びだった。トップレベルでプレーし始めたのも遅かったしね」とコメント。自身のキャリアを振り返った。

「キャリアを通して、プレーすることをすごく楽しめたよ。そして今の選手兼オーナーという立場も楽しんでいる。今は若い選手が周りに大勢いて、彼らに僕の培ってきたノウハウを伝えていきたいと思う。でも今シーズンが最後になるだろう。もう40歳だ、時は来たと思っている」

 ドログバはル・マンの下部組織出身で、1998年にトップチームデビュー。その後、ギャンガン、マルセイユでのプレーを経て、2004年にチェルシーに加入した。チェルシーでは4度のプレミアリーグ制覇を成し遂げたほか、2011-12シーズンのチャンピオンズリーグ決勝では得点を挙げ、優勝に大きく貢献。プレミアリーグでは254試合に出場して104ゴール、リーグ・アンでは80試合に出場して39ゴールと、ストライカーとして抜群の存在感を発揮してきた。コートジボワール代表としても105試合に出場して65得点を挙げ、母国の英雄として慕われてきたが、2014年8月に代表引退を発表していた。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
24pt
マンチェスター・C
16pt
アーセナル
15pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
16pt
ヴォルフスブルク
15pt
バイエルン
14pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
18pt
グラナダ
17pt
バルセロナ
16pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
19pt
インテル
18pt
アタランタ
16pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング