2018.03.02

広州恒大、J・マルティネスと契約解除か…50億円超で獲得も、4得点のみ

ジャクソン・マルティネス
2016年2月から広州恒大でプレーしているジャクソン・マルティネス [写真]=VCG via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 中国スーパーリーグ(1部)の広州恒大が、元コロンビア代表FWジャクソン・マルティネスとの契約を解除したようだ。スペイン紙『マルカ』が3月1日に報じている。

 J・マルティネスは2016年2月、アトレティコ・マドリードから移籍金4000万ユーロ(約52億2000万円)で広州恒大へ。高額な移籍金が話題を呼び、鳴り物入りで加入したものの、目立った活躍を見せることはできなかった。広州恒大での公式戦出場は16試合で、4得点のみ。2016年10月からは負傷による長期離脱を強いられ、1年以上も実戦から遠ざかっている。

 報道によると、広州恒大はすでにJ・マルティネスとの契約を解除したという。同選手は所属クラブがない状態となり、今後は新天地を探すことになる。

 2012年から2016年まで所属したポルトで得点を量産し、2014 FIFAワールドカップ ブラジルのグループステージ第3節では日本代表を相手に2得点を挙げたJ・マルティネス。現在31歳のストライカーは今後、どのようなキャリアを歩むことになるだろうか。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
13pt
レアル・マドリード
13pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る