2018.02.25

本田圭佑が終了間際にPKを決めて今季7点目! パチューカを逆転勝利に導く

終了間際にPKを決めた本田圭佑 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 リーガMX後期第9節が25日に行われ、パチューカはクラブ・レオンと対戦。日本代表FW本田圭佑はスタメン出場を果たした。

 試合は24分、右から直接FKのチャンスを得ると、本田が蹴るもののボールは壁に当たって枠の外へ逸れてしまう。

 すると42分には、中央左から縦パスを通されるとDFの裏に抜け出したマウロ・ボセーリがネットを揺らし、レオンに先制されてしまう。

 同点弾は64分に生まれる。パチューカがカウンターから途中出場のセバスティアン・パラシオスが自ら突破して、右足を振りぬき1-1と試合を振り出しに戻す。

 逆転へ猛攻を続けるパチューカは68分、本田圭佑がミドルシュートを狙うものの、ボールはポストに直撃。勝ち越しゴールとはいかず。さらに77分には右からのFKを直接狙うもGKのファインセーブに阻まれる。

 このままドローで終了かと思われた後半アディショナルタイム2分、パチューカはPKを獲得すると本田圭佑が決めて終了間際に逆転する。試合はそのまま終了し、勝ち点3を獲得。本田は4試合ぶりとなる今シーズン7点目を決め、勝利に貢献した。

【スコア】
パチューカ 2-1 クラブ・レオン

【得点者】
0-1 42分 マウロ・ボセーリ(クラブ・レオン)
1-1 68分 セバスティアン・パラシオス(パチューカ)
2-1 90+2分 本田圭佑(PK)(パチューカ)

欧州リーグ順位表

リヴァプール
45pt
マンチェスター・C
44pt
トッテナム
39pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
39pt
ボルシアMG
33pt
バイエルン
30pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
セビージャ
31pt
アトレティコ・マドリード
31pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
46pt
ナポリ
38pt
インテル
32pt
欧州順位をもっと見る