2018.02.24

長友、チームは大勝も移籍後初得点はお預け「俺の幻のゴール、オンサイドやん」

長友佑都
惜しくも移籍後初ゴールは挙げられなかった長友佑都 [写真]=Anadolu Agency/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 スュペル・リグ第23節が23日に行われ、ガラタサライがホームでブルサスポルと対戦した。ガラタサライに所属する日本代表DF長友佑都は、左サイドバックとして4試合連続でスタメンに名を連ねている。

 試合はバフェティンビ・ゴミスが11分に先制点を挙げると、38分にブルサスポルが退場者を出したこともあり、ガリー・ロドリゲスとセルダル・アジズにもゴールが生まれてガラタサライが着実にリードを広げていく。ゴミスは72分と後半アディショナルタイムにもゴールを奪い、ハットトリックを達成。チームは5-0というスコアで大勝を収めている。

 4-0で迎えた88分には左から上がったクロスに長友が頭で合わせてゴールネットを揺らし、待望の移籍後初ゴールが生まれたかに思われた。しかし、オフサイドという判定が下されて惜しくも得点にはならなかった。

 試合後、長友は自身のツイッターに「勝ちました!暫定首位!」と投稿しており、快勝に手応えを感じている様子だ。「優勝することを信じて戦います!」と続け、勝利の立役者であるチームメイト2人と共に写真に収まった画像を投稿している。

 また、「俺の幻のゴール、オンサイドやん」と動画つきで紹介し、ゴールが認められなかったことを残念がっている模様だ。それでも、「まだまだ満足せず、貪欲に狙っていけってことか」と、より一層向上心を燃やしている様子がうかがえた。

 ガラタサライは次節、3月3日にアウェイでカラビュックスポルと対戦する。

【スコア】
ガラタサライ 5-0 ブルサスポル

【得点者】
1-0 11分 バフェティンビ・ゴミス(ガラタサライ)
2-0 42分 ガリー・ロドリゲス(ガラタサライ)
3-0 49分 セルダル・アジズ(ガラタサライ)
4-0 72分 バフェティンビ・ゴミス(ガラタサライ)
5-0 90+3分 バフェティンビ・ゴミス(ガラタサライ)

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
サッスオーロ
10pt
SPAL
9pt
欧州順位をもっと見る