2018.02.23

アトレティコMFカラスコを狙う中国1部クラブ、トーレス獲得も画策?

カラスコ、トーレス
中国クラブからの関心が伝えられているカラスコ(左)とトーレス(右)[写真]=Getty Images
「フットボール」と「メディア」ふたつの要素を併せ持つプロフェッショナル集団を目指し集まったグループ。

 中国スーパーリーグ(1部)の大連一方は、アトレティコ・マドリードに所属するベルギー代表MFヤニック・フェレイラ・カラスコだけでなく、同僚の元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスの獲得も狙っているようだ。スペイン紙『アス』が22日に報じている。

 同紙は21日付の記事で、大連一方がカラスコの獲得に迫っていると報道。移籍金は3000万ユーロ(約39億5000万円)となり、早ければ今週中にも移籍が成立する見通しだと伝えていた。

 ただし、大連一方はカラスコだけでなく、トーレスの獲得も狙っているという。今回の報道によると、正式なオファーは存在しないものの、同クラブは移籍の可能性について、アトレティコ・マドリード側に問い合わせを行ったとのこと。なお、カラスコへの1000万ユーロ(約13億1500万円)を上回る、年棒1500万ユーロ(約19億8000万円)を支払う用意があるという。

 トーレスに中国移籍の可能性が浮上するのは、今回が初めてではない。昨年夏には、当時2部に在籍していた北京人和(今シーズンから1部昇格)が、同選手の獲得に関心を示していると報じられた。その後も、メキシコやフランスのクラブからオファーが届いたという報道が出回った。

 現在33歳のトーレスは、今シーズン限りでアトレティコ・マドリードとの契約が満了する。今もなお契約延長の話は伝わってこない中、ディエゴ・シメオネ監督は21日の会見で、同選手を来シーズン以降も引き留める考えがないことを明言。残留へのハードルはますます高くなっている。

 同紙によれば、アトレティコ・マドリードはトーレスに中国移籍を強要する考えはなく、本人の意向に従うとのこと。中国リーグの移籍期限は今月28日となっており、決断を下す時間は1週間を切っている。

 果たして、アトレティコ・マドリードの“10番”を背負うカラスコに続き、“9番”のトーレスまでもがスペインを離れることになるのだろうか。今後の動向に注目が集まる。

(記事/Footmedia)

欧州リーグ順位表

リヴァプール
45pt
マンチェスター・C
44pt
トッテナム
39pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
39pt
ボルシアMG
33pt
バイエルン
30pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
セビージャ
31pt
アトレティコ・マドリード
31pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
46pt
ナポリ
38pt
インテル
32pt
欧州順位をもっと見る