2018.01.19

メッシやペレ、新旧レジェンドたちがロナウジーニョの引退を惜しむ

メッシ ロナウジーニョ
バルセロナで共に戦い、数々のタイトルを手にしてきたメッシ(左)とロナウジーニョ(右) [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 現役引退を発表した元ブラジル代表FWロナウジーニョに、フットボール界の“レジェンド”から続々と惜別の声が届いている。

 バルセロナで共に3トップを形成し、ロナウジーニョの横でプレーしながら、自身もバルセロナの大黒柱へと成長して行ったアルゼンチン代表FWリオネル・メッシは、偉大な先輩に多大な感謝の言葉を並べた。

「これまで常に言って来た通り、僕はあなたの隣で多くを学んだ。感謝の気持ちは生涯変わらない。とりわけトップチームに上がった時は、あなたがあらゆる事を助けてくれたお陰で、全てが簡単に進んで行った。あなたと沢山の思い出を共有できるという幸運に恵まれ、本当に嬉しく思っている。なぜなら、あなたはボールを持てば天才であるうえ、人として素晴らしいという最も大切な物を持っているからだ。引退を決断されたのは悲しいけれども、フットボールはあなたの笑顔を決して忘れない。ロニー、あなたに最高の幸運を」

 また、ロナウジーニョからブラジルのエースを受け継いだパリ・サンジェルマンのブラジル代表FWネイマールは、現役時代の類まれなプレーに最大限の賛辞を送っている。

「あなたの歴史の一部を形作れたのは大変な名誉だ。あなたがピッチで見せてくれた歓喜は一生心に残り続ける。超えるのが難しい遺産を、あなたは残して行った。フットボールをアートにしたのだからね」

 さらに、“フットボールの王様”ことブラジルが誇るレジェンド選手であるペレ氏も、大物らしい口調で母国の後輩を労った。

「ロナウジーニョ、君は全ての人に微笑みを与えてくれた。君のファンでなくして、フットボールを愛しているとは言えない。君が見せてくれたショーにありがとう。ピッチ上で次々とタックルをかわして行ったように、人生においても次々と目標を叶えて行くことを願っている」

 現在37歳のロナウジーニョはブラジルのグレミオでデビューし、パリ・サンジェルマンを経て2003-04シーズンにバルセロナに加入した。在籍5シーズンでチャンピオンズリーグ優勝やリーガ・エスパニョーラ連覇などを達成し、個人としてもFIFA最優秀選手賞を2004年、2005年に連続で受賞するなど素晴らしい経歴を残している。

 バルセロナ退団後はミランでプレーし、10-11シーズンにフラメンゴに移籍してブラジル復帰。その後に移籍したアトレチコ・ミネイロではコパ・リベルタドーレス優勝を達成し、史上8人目の欧州&南米王者に輝いた。退団後はケレタロ、フルミネンセと渡り歩き、2015年9月以降は無所属の状態が続いていた。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
23pt
リヴァプール
23pt
チェルシー
21pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
20pt
ボルシアMG
17pt
ブレーメン
17pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
エスパニョール
17pt
アラベス
17pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
25pt
ナポリ
21pt
インテル
19pt
欧州順位をもっと見る