2018.01.14

「目的は得点で頑張っている」…本田圭佑、「残り8点」ツイートの真意を明かす

本田圭佑
クラブ・アメリカ戦に先発出場した本田圭佑 [写真]=Hector Vivas/Getty Images
サッカー総合情報サイト

「今シーズンの目標まで残り8点。実はこれまで達成したことがない。残念ながら。いつか言ったことを100%達成したいなと思ってる」

 1月10日、自身のTwitterにそう記した本田圭佑。有料メルマガコンテンツ『CHANGE THE WORLD by KSK』で、このツイートを投稿した理由を明かした。

 本田は昨夏加入したパチューカで公式戦20試合に出場し、ここまで7得点を挙げている。14日に行なわれたリーガMX後期第2節・クラブ・アメリカ戦の試合後、本田は「合計で15得点を目指すという意味です」と改めて目標を口にした。

 そのクラブ・アメリカ戦では2得点を演出する活躍を見せたが、「今日は不完全燃焼。アシストの匂いは結構あったんですけど、正直、得点の匂いは全然なくて」と振り返った。本来、本職であるトップ下には「僕が中盤をやった方が安定すると思いますよ」と自信をのぞかせつつ、「やっぱ点を取るんやったらサイドやなと思いますね」と、2列目から得点を奪う難しさを語っている。

「トップ下でも点を取れるタイプはいると思うんですね。2列目から飛び出したりして。僕はあんまりそういうタイプじゃないから、トップ下とかインサイドハーフをやると、点を取るというよりアシストになっちゃうなという感じがする。ゲームをコントロールしちゃいますね」

 本田が今求めているのは目に見える結果だ。「目的は得点で頑張っているわけですよ。それでこないだもTwitterであと8点取ると言って自分にプレッシャーをかけているわけですよ。今日は目的の発展からは、程遠いプレーでしたよね」とノーゴールに悔しさをにじませた。

※本田圭佑オフィシャルメルマガの承認を得て一部抜粋、掲載しています。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
23pt
リヴァプール
23pt
チェルシー
21pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
20pt
ブレーメン
17pt
バイエルン
16pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
アラベス
17pt
セビージャ
16pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
25pt
ナポリ
21pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る