2017.11.25

監督解任のサウジ、アンチェロッティ氏にオファーも…本人が興味示さず

アンチェロッティ氏
アンチェロッティ氏はサウジアラビア代表監督就任に興味を示さなかったようだ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 今年9月にバイエルンを解任されたカルロ・アンチェロッティ氏に、サウジアラビア代表から監督就任のオファーがあったようだ。イタリア紙『メディアセット』が報じている。

 サウジアラビアサッカー連盟は、9月に同国代表を2018 FIFAワールドカップ ロシアへ導いたベルト・ファン・マルワイク監督の辞任に伴い、エドガルド・バウサ監督を招へい。しかし、国際親善試合で通算2勝3敗、直近のポルトガル代表、ブルガリア代表戦で完封負けを喫したことで、同監督をわずか2カ月で解任していた。

 バウサ監督の後任は未定となっていたが、サウジアラビアサッカー連盟はすぐさま、ワールドカップ本戦出場を逃し、ジャンピエロ・ヴェントゥーラ監督を解任していたイタリア代表の新指揮官候補に挙がっていたアンチェロッティ氏に接触した模様。

 しかし、同連盟は高額なオファーを提示したものの、アンチェロッティ氏はこのオファーに興味を示さなかったようだ。

 先日もイタリア代表監督就任について、同氏の代理人を務めるジョヴァンニ・ブランキーニ氏が、イタリアのラジオ局『Deejay』の取材に対して、「カルロ(・アンチェロッティ)が代表チームを率いることはないだろう。現時点で、彼には別の目標と考えがある」と語り、アンチェロッティ氏に代表監督就任の意思がないことを明かしていた。

 

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
46pt
マンチェスター・U
35pt
チェルシー
32pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
35pt
ライプツィヒ
27pt
シャルケ
26pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
39pt
バレンシア
34pt
アトレティコ・マドリード
33pt
欧州順位をもっと見る
インテル
40pt
ナポリ
39pt
ユヴェントス
38pt
欧州順位をもっと見る