2017.11.18

PO逃したパチューカ、リーグ最終節は劇的ドロー…本田はフル出場し起点に

本田圭佑
本田圭佑が所属するパチューカは最終節をドローで終えた [写真]=Jam Media/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 リーガMX第17節(前期最終節)が17日に行われ、MF本田圭佑が所属するパチューカはアウェイでアトラスと対戦した。

 パチューカは前節ケレタロ戦で完封負けを喫し、プレーオフ出場の可能性がなくなったなかでの最終節。本田はリーグ戦6試合連続でスタメン入りし、右サイドに入った。

 先制したのはアトラス。45分、左サイドからのアーリークロスに抜け出したホセ・マドゥエーニャがヘディングシュートを突き刺してリードを奪った。

 このまま試合は動かず、終盤に突入する。攻勢を強めるパチューカは88分、本田のFKからフリーの味方がヘディングシュートを狙うが枠を捉えられない。このまま終了かと思われたアディショナルタイムについに同点弾が生まれる。本田が担当した右CKの流れから左サイドに展開。クロスからのヘディングシュートがロベルト・エレーラの足下に来ると、至近距離から冷静に押し込んだ。

 試合はこのまま終了のホイッスルを迎え、パチューカはリーグ最終節をドローで終えた。本田はフル出場を果たした。

【スコア】
アトラス 1-1 パチューカ

【得点者】
1-0 45分 ホセ・マドゥエーニャ(アトラス)
1-1 90+1分 ロベルト・エレーラ(パチューカ)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
49pt
マンチェスター・U
38pt
チェルシー
35pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
38pt
シャルケ
29pt
ライプツィヒ
28pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
39pt
バレンシア
34pt
アトレティコ・マドリード
33pt
欧州順位をもっと見る
インテル
40pt
ナポリ
39pt
ユヴェントス
38pt
欧州順位をもっと見る