2017.10.24

FIFA女子最優秀賞は蘭が独占…選手はマルテンス、監督はヴィーグマン氏

ヴィーグマン、マルテンス
受賞を喜ぶヴィーグマン監督(中央左)とマルテンス(中央右) [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 FIFA(国際サッカー連盟)は23日、イギリス・ロンドンで年間表彰式「ザ・ベスト・FIFAフットボールアウォーズ2017」を開催し、女子最優秀選手賞と監督賞を発表した。

 今回の表彰では、オランダ女子代表勢が両賞を獲得。選手部門では、FWリーケ・マルテンス(バルセロナ・フェメニーノ)が初受賞を果たした。同選手は自国開催の女子ユーロ2017で3ゴール2アシストを記録。左ウイングを務めて鋭い突破を連発し、「データ以上のパフォーマンス」を見せて優勝に貢献した。マルテンスはUEFA最優秀選手賞とのダブル受賞となった。

 また、監督部門ではサリナ・ヴィーグマン氏が初受賞。攻撃的なサッカーを展開してユーロ制覇を果たした実績を評価され、栄誉に輝いた。

 なお、マルテンスとヴィーグマン監督は現在、代表での活動中。表彰式にはビデオでの出席となり、トロフィーを受け取った様子が会場に映し出された。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
34pt
マンチェスター・U
26pt
チェルシー
25pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
29pt
シャルケ
23pt
ライプツィヒ
23pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
バレンシア
30pt
レアル・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
35pt
ユヴェントス
31pt
ローマ
30pt
欧州順位をもっと見る