2017.10.22

4試合ぶりの勝利で「一歩前進」したパチューカ…本田が感じた手応えとは

本田圭佑
プエブラ戦に先発出場し、84分までプレーした本田圭佑 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 パチューカは21日、リーガMX第14節でプエブラに1-0と競り勝ち、4試合ぶりの白星を収めた。先発に名を連ねたFW本田圭佑は84分までプレーし、勝利に貢献。この試合で得た手応えを、有料メルマガコンテンツ『CHANGE THE WORLD by KSK』で語った。

 久々の勝利をつかむことができた要因はどこにあるのか。本田によれば「守備のところが改善された」という。

「前からもう少しプレスにいけるようになりました。これまでの試合よりも、高い位置でボールを奪えるシーンが確実に多くなっている。そのあとのショートカウンターの質とかもありますけど、一歩前進したという内容です」

 その“前進”をもたらしたのは選手同士での話し合いだった。

「先週負けたあとにチームでちょっとだけミーティングをする機会があったんですね。そのときは、お互いが言いたいことを言うようなミーティングになった。これまでと違う雰囲気で臨んだミーティングだっただけに、監督も考えるところがあったのか、少しだけ前進したというふうに僕は思っています」

 勝利を取り戻したものの、5勝2分け7敗で11位に沈んでいるパチューカ。この日つかんだ手応えをきっかけに、さらなる改善が求められる。

※本田圭佑オフィシャルメルマガの承認を得て一部抜粋、掲載しています。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
31pt
マンチェスター・U
23pt
トッテナム
23pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
26pt
ライプツィヒ
22pt
ドルトムント
20pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
バレンシア
27pt
レアル・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
32pt
ユヴェントス
31pt
インテル
30pt
欧州順位をもっと見る