2017.10.20

W杯プレーオフ進出の北アイルランド代表監督、飲酒運転で運転禁止処分

マーティン・オニール監督
飲酒運転によって処分を受けたオニール監督 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 北アイルランド代表を率いるマーティン・オニール監督が、飲酒運転した罪で裁判所から処分を命じられた。イギリス紙『テレグラフ』が19日付で報じている。

 オニール監督は、先月10日にスコットランドのエディンバラ郊外で警察に止められアルコール検査を受けた。検査で基準値の3倍のアルコールが検出された同監督は、裁判所で罪を認め、16カ月の運転禁止と1300ポンド(約9万円)の罰金処分を科されている。

 昨年、北アイルランドはユーロ2016でベスト16と好成績を残し、2018 FIFA ワールドカップ ロシア欧州予選でもプレーオフに残り、本戦出場の可能性を残した。来月スイス代表と対戦するプレーオフを前に、北アイルランド代表には動揺が広がっている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
34pt
マンチェスター・U
26pt
チェルシー
25pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
29pt
シャルケ
23pt
ライプツィヒ
23pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
バレンシア
30pt
レアル・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
35pt
インテル
33pt
ユヴェントス
31pt
欧州順位をもっと見る