2017.10.20

エジプトの英雄サラー、別荘贈呈の申し出を辞退…故郷への寄付に

サラー
コンゴ戦で同点ゴールを決めて自国をW杯へと導く [写真]=Getty Images
「フットボール」と「メディア」ふたつの要素を併せ持つプロフェッショナル集団を目指し集まったグループ。

 リヴァプールに所属するエジプト代表FWモハメド・サラーが、同国をW杯出場に導いた功績を称えられ高級別荘の贈呈をオファーされたものの、この申し出を断っていたことが明らかとなった。19日付のイギリス紙『リヴァプール・エコー』が報じている。

 エジプト代表は8日に行われた2018 FIFAワールドカップ ロシア アフリカ最終予選第5節で、コンゴ共和国代表と対戦。1-1で迎えた後半アディショナルタイム5分に、サラーが決勝点となるPKを決めて、1990年のイタリア大会以来、28年ぶりとなるW杯出場を決めた。

 エジプトのスポーツウェブサイト『yallakora.com』によると、同国をW杯出場に導いたサラーの活躍に感銘を受けたとして、エジプトの強豪クラブであるアル・ザマレクの元会長で実業家のマムドゥ・アッバス氏が同選手に高級別荘の贈呈を申し入れたという。しかし、サラーはこの申し出を丁重に断ったうえで、首都カイロから約150kmの距離にある故郷ガルビーヤ県のナグリグ村に寄付を行ってほしいと、アッバス氏にお願いしたそうだ。

 なお、W杯出場決定後、ガリビーヤ県知事はサラーの出身高校を「モハメド・サラー工業高校」に改称することを発表。ナグリグ村にあるサッカー選手育成施設も、同選手の功績を称えて改称されることが決まっている。

 劇的な決勝ゴールによって、一躍国民的ヒーローとなったサラー。今年の夏に加入したリヴァプールでも早速サポーターのハートを掴んでいるが、本人はいたって自然体であるようだ。

(記事/Footmedia)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
34pt
マンチェスター・U
26pt
チェルシー
25pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
29pt
シャルケ
23pt
ライプツィヒ
23pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
バレンシア
30pt
レアル・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
35pt
インテル
33pt
ユヴェントス
31pt
欧州順位をもっと見る