2017.10.20

広州恒大のスコラーリ監督、今季限りで退任へ…新天地は欧州かアジア?

ルイス・フェリペ・スコラーリ
2015年6月から広州恒大を率いているスコラーリ監督 [写真]=Power Sport Images/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 中国スーパーリーグの広州恒大を率いるルイス・フェリペ・スコラーリ監督が、今シーズン限りで退任する見通しとなった。ブラジルメディア『グローボ』が19日に報じている。

 スコラーリ監督は2015年6月から広州恒大を指揮。就任1年目にリーグ制覇とAFCチャンピオンズリーグ(ACL)優勝を成し遂げ、昨シーズンはリーグ戦とFAカップの2冠を達成した。今シーズンも残り3試合時点で2位・上海上港に6ポイント差をつけて首位を走っており、優勝に迫っている。

 今回の報道によると、スコラーリ監督は今年11月30日で満了を迎える契約を更新しない意向をクラブ首脳陣に伝えたという。フリーとなった後はヨーロッパやアジアで新天地を探すようで、母国ブラジル復帰は現時点では考えていないようだ。

 南米、ヨーロッパ、アジアと、各地域での豊富な指導経験を誇るスコラーリ監督。今後のキャリアはどのようなものになるのか、去就に注目が集まる。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
34pt
マンチェスター・U
26pt
チェルシー
25pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
29pt
シャルケ
23pt
ライプツィヒ
23pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
バレンシア
30pt
レアル・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
35pt
インテル
33pt
ユヴェントス
31pt
欧州順位をもっと見る