2017.06.17

今ポルトガルが熱い! FIFAがコンフェデ杯に臨む若手4選手に注目 

ポルトガルのヤングスター
ポルトガルのヤングスターたち(左上から時計回りにゲレイロ、A・シルヴァ、B・シルヴァ、マルティンス) [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 17日から始まるFIFA コンフェデレーションズカップ ロシア 2017(コンフェデ杯)に先駆けて、FIFAがポルトガルの若手注目選手を特集した。16日に公式サイト『FIFA.com』で紹介している。

ラファエル・ゲレイロ 背番号5
23歳 18キャップ
ディフェンダーとしてだけでなくミッドフィルダーとしても輝きを放ち、そのスピードと無尽蔵のスタミナを誇るゲレイロは2015年のU-21欧州選手権やEURO2016にも出場している。“ザ・バッテリー”とのニックネームも持つゲレイロは2016年夏にドルトムントに加入するとすぐにポジションを確保した。またゲレイロはEURO2016に出場したポルトガル代表の中で最も若い選手の1人だった。

アンドレ・シルヴァ 背番号9
21歳 8キャップ
今大会に出場するポルトガル代表選手の中で1番若いA・シルヴァは2015年FIFA U-20ワールドカップで4ゴールを記録し、その存在を世界に知らしめた。さらにA・シルヴァはポルトガル代表でハットトリックを決めた最も若い選手でもある(2016年10月に行われたW杯予選、フェロー諸島代表戦において)。ほぼ1試合1得点の割合でゴールを重ねており、同国の英雄クリスティアーノ・ロナウドと素晴らしい関係を築いている。また今シーズン、ポルトで印象的な活躍を見せたヤングスターはミランへの移籍が決まっている。

ベルナルド・シルヴァ 背番号10
22歳 12キャップ
目の覚めるようなボールコントロールだけでなく、インテリジェンスや素早い思考で攻撃を操るアタッカーはジョゼップ・グアルディオラ監督率いるマンチェスター・Cの今夏最初の獲得となった。ポルトガルの10番を背負うB・シルヴァは今シーズンのリーグ戦で8ゴール9アシストを決め、チームの17年ぶり
のリーグ制覇で主役を張った。2015年のU-21欧州選手権では準優勝を達成。大会中には2回のマンオブザマッチにも選ばれた。けがの影響でEURO2016出場を逃したが、今回のコンフェデ杯では大暴れを見せてくれるだろう。

ジェルソン・マルティンス 背番号18
22歳 6キャップ
C・ロナウド、リカルド・クアレスマ、ナニといったウィンガーの系譜を継ぐマルティンスは名門スポルティングのユース出身だ。数々のアタッカーを輩出してきた歴史があるポルトガルだが、マルティンスは稲妻のようなスピードと素晴らしいボールスキルを併せ持った選手。A・シルヴァとともにU-20ワールドカップで2得点を記録する活躍を見せた。今シーズンのチャンピオンズリーグではレアル・マドリード相手にマンオブザマッチの活躍を見せ、大先輩C・ロナウドを魅了した。また所属するスポルティングでも重要な役割を担っており、アシスト王のタイトルを獲得した。

 コンフェデ杯はワールドカップの前年に開催される大会で、各大陸王者と直近ワールドカップ王者に開催国を加えた8チームで争われる。今回はドイツ、ポルトガル、ロシア、オーストラリア、ニュージーランド、カメルーン、チリ、メキシコの8チームが出場する。

 初出場となるポルトガルは18日に初戦、メキシコ代表戦を迎える。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
34pt
マンチェスター・U
26pt
チェルシー
25pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
29pt
シャルケ
23pt
ライプツィヒ
23pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
バレンシア
30pt
レアル・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
35pt
インテル
33pt
ユヴェントス
31pt
欧州順位をもっと見る