2017.01.12

セルビアの強豪パルチザンに3年間のCL&EL出場停止処分…過去にオシム氏指揮

パルチザン・ベオグラード
パルチザン・ベオグラードにCLとELへの出場停止処分が下された [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 UEFA(欧州サッカー連盟)は11日、セルビア・スーペルリーガ(1部リーグ)のパルチザン・ベオグラードに3シーズンにわたるUEFA主催大会への出場停止処分を下したことを発表した。

 パルチザン・ベオグラードは、UEFAクラブライセンス制度とファイナンシャル・フェアプレーに違反したため、2017-18シーズンから2019-20シーズンまでのチャンピオンズリーグとヨーロッパリーグへの出場停止が決まった。

 イギリスメディア『BBC』によると、パルチザン・ベオグラードは2016年9月時点で約250万ユーロ(約3億円)の未払いの負債があったという。さらに過去5年で3度の規定違反があったため、3シーズンの出場停止という重い処分となった。

 パルチザン・ベオグラードは1945年に創設され、これまで国内リーグ(ユーゴスラビア、セルビア・モンテネグロ時代も含む)で通算26回の優勝を果たしている強豪。最近では2015-16シーズンのセルビア・スーペルリーガを制していた。また、過去には元日本代表監督のイビチャ・オシム氏が1991年〜1992年まで指揮を執っていた。今シーズンはリーグ戦第21節を終え、15勝3分け3敗で2位につけている。

欧州順位ランキング

チェルシー
69pt
トッテナム
59pt
マンチェスター・C
57pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
62pt
ライプツィヒ
49pt
ドルトムント
46pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
65pt
バルセロナ
63pt
セビージャ
57pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
73pt
ローマ
65pt
ナポリ
63pt
欧州順位をもっと見る