2017.01.11

オスカル、中国移籍の決め手はフッキの助言? 街やクラブの良さ伝える

SHANGHAI, CHINA - JANUARY 03:  (L - R) Hulk, Elkeson and Oscar of Shanghai SIPG pose for photos at Pudong International Airport prior to their team's departure to the Doha training camp on January 3, 2017 in Shanghai, China.  (Photo by VCG/VCG via Getty Images)
上海上港でチームメイトとなったフッキ(左)とオスカル(右)(中央はエウケソン) [写真]=VCG via Getty Images
「フットボール」と「メディア」ふたつの要素を併せ持つプロフェッショナル集団を目指し集まったグループ。

 中国スーパーリーグの上海上港に所属するブラジル代表FWフッキが、同所属のブラジル代表MFオスカルに対して、中国移籍に関する様々な助言を行っていたことを明かした。10日付のブラジルメディア『グローボ』が伝えている。

 オスカルは、先月22日にチェルシーから上海上港に移籍することが決定。週給48万ユーロ(約5900万円)とされる破格の年俸も大きな話題となった。

 フッキは中国メディアの取材に対し、「(オスカルが)移籍してくる前から彼と上海上港のことに関して話していた」とコメント。上海上港で新たに同僚となったオスカルに対して、様々な助言を送っていたことを明かした。同選手によると、「上海は美しい街だし、上海上港は素晴らしいクラブだ。チームメイトたちも友好的で親切だし、僕自身、上海で本当に幸せを感じている」とオスカルに伝えたという。そして「僕の話を聞いた後に、彼は移籍してきたんだ」と続け、自身の助言がオスカルの決断に影響を与えたという見解を示した。

 またフッキは、上海上港が自身やオスカルの獲得に際して莫大な金額を支払っていることに関しても言及。「クラブが選手にどれくらいの金額を費やしたかは重要ではない。僕も、オスカルも、エウケソンも大きな期待を感じながらプレーすることには慣れているし、全く問題ないよ」と話し、大きな期待を背負っていることは理解しながらも、高額な移籍金がプレッシャーになっていないことを強調した。

(記事/Footmedia)

欧州順位ランキング

チェルシー
52pt
トッテナム
46pt
リヴァプール
45pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
42pt
ライプツィヒ
39pt
ホッフェンハイム
31pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
43pt
セビージャ
42pt
バルセロナ
38pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
48pt
ナポリ
44pt
ローマ
44pt
欧州順位をもっと見る