2017.01.10

墜落事故のシャペコに優勝譲ったA・ナシオナル、FIFAフェアプレー賞を受賞

A・ナシオナル
クラブW杯で鹿島と対戦したA・ナシオナル。試合前には墜落事故の犠牲者を追悼する黙祷も行われた [写真]Getty Images
サッカー総合情報サイト

 FIFA(国際サッカー連盟)は9日、スイス・チューリヒで年間表彰式「ザ・ベスト・FIFAフットボールアウォーズ2016」を開催した。

 FIFAフェアプレー賞は、飛行機墜落事故に見舞われたシャペコエンセ(ブラジル1部)にコパ・スダメリカーナ優勝を譲ったアトレティコ・ナシオナル(コロンビア)へ贈られた。

 シャペコエンセは2016年11月28日、コパ・スダメリカーナ決勝ファーストレグのA・ナシオナル戦に臨むため、コロンビアに向かう途中で飛行機が墜落。チームメイトや関係者ら71人が亡くなる大惨事となった。

 対戦相手のA・ナシオナルはすぐさま、シャペコエンセにタイトルを譲るため、決勝戦の出場を辞退。これを受けてCONMEBOL(南米サッカー連盟)は同12月5日にシャペコエンセをコパ・スダメリカーナの王者として認定すると発表していた。

 FIFAは「素晴らしい謙虚さを見せた」として、タイトルを譲ったA・ナシオナルにフェアプレー賞を授与。「アトレティコ・ナシオナルのサポーターは予定されていた試合時間にスタジアムへ集まり、対戦が叶わなかった選手たちに哀悼を捧げた」と紹介している。

 今回から新設されたファン賞は、一般投票の45.92パーセントを獲得したリヴァプールとドルトムントの両サポーターが選ばれた。両サポーターは、2016年4月14に行われたヨーロッパリーグ準々決勝セカンドレグで、サポーターソングの『ユール・ネヴァー・ウォーク・アローン』を大合唱。死者96名を出した群衆事故“ヒルズボロの悲劇”の27周年前日だったこともあり、話題となっていた。FIFAは「感動的なジェスチャーが、2チームの対立を数分間忘れさせた」と紹介している。

 また、2016 FIFAフットサルワールドカップ コロンビアをもってフットサル・ブラジル代表を引退した“フットサルの王様”ことファルカンには、“卓越したキャリア賞”が贈られている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
25pt
マンチェスター・U
20pt
トッテナム
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
20pt
バイエルン
20pt
ライプツィヒ
19pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
25pt
バレンシア
21pt
レアル・マドリード
20pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
25pt
インテル
23pt
ユヴェントス
22pt
欧州順位をもっと見る