FOLLOW US

ゼニトMFヴィツェルの中国移籍が決定へ…天津権健とクラブ間合意

中国の天津権権への移籍が発表されたヴィツェル [写真]=Anadolu Agency/Getty Images

 ゼニトは3日、ベルギー代表MFアクセル・ヴィツェルが天津権健に移籍することでクラブ間合意に至ったと公式HP上で発表した。

 ヴィツェルは昨年からユヴェントスへの移籍が幾度となく取り沙汰され、夏には加入目前まで迫ったが最終的に破談に終わった。今冬のマーケットでも再びユヴェントスへの加入が報じられたが、中国からの興味が報じられると状況が急転。新シーズンから中国スーパーリーグへ昇格する天津権権への移籍が決定的となった。

 2012年にベンフィカからゼニトへ加入した27歳のヴィツェルは、これまで180試合に出場し22ゴール13アシストを記録している。

 天津権権は現在、元イタリア代表DFファビオ・カンナヴァーロ氏が指揮官を務めており、昨シーズンに2部を制覇して中国スーパーリーグへの昇格を決定。同クラブにはこの1年、元ブラジル代表FWルイス・ファビアーノも所属していた。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO