2016.11.26

ヤングなでしこ、準決勝の相手はフランスに…アメリカもベスト4進出

ヤングなでしことの対戦が決定したU-20フランス女子代表 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 FIFA U-20女子ワールドカップ パプアニューギニア 2016準々決勝の2試合が25日に行われた。

 ヨーロッパ勢同士の激突となったU-20フランス女子代表とU-20ドイツ女子代表の一戦。試合開始から16分、フランスはCKを獲得すると、ショートパスのリターンを受けた主将デルフィン・カスカリーノが中央へカットインし思い切りよく右足を振りぬく。シュートは勢いよくゴール右上へ吸い込まれ、先制ゴールとなった。

 その後は1点を追うドイツが押し込む展開。フランスの10本を上回る18本ものシュートを浴びせた。しかしフランスはGKマイリーン・チャバスを中心に守備陣が奮闘。最後までゴールを割らせず、1-0で勝利した。この結果、フランスは準決勝で“ヤングなでしこ” U-20日本女子代表と対戦することが決定した。

 また、U-20アメリカ女子代表とU-20メキシコ女子代表の試合は、81分にアリー・ワット、後半アディショナルタイム3分にケルシー・ヘッジがゴールを挙げたアメリカの逆転勝利。U-20北朝鮮代表の待つベスト4へ駒を進めた。

■準々決勝結果
▼25日開催
U-20フランス女子代表 1-0  U-20ドイツ女子代表
U-20アメリカ女子代表 2-1  U-20メキシコ女子代表

▼24日開催
U-20日本女子代表 3-1  U-20ブラジル女子代表
U-20スペイン女子代表 2-3  U-20北朝鮮女子代表

■準決勝対戦カード(29日開催)
U-20日本女子代表 - U-20フランス女子代表
U-20北朝鮮女子代表 - U-20アメリカ女子代表

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
34pt
マンチェスター・U
26pt
チェルシー
25pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
29pt
シャルケ
23pt
ライプツィヒ
23pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
バレンシア
30pt
レアル・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
35pt
インテル
33pt
ユヴェントス
31pt
欧州順位をもっと見る