2016.11.14

相手選手のパンツを脱がせて退場! FWジェコが代表戦でとった行動が話題に

退場処分を受けたジェコ(左)とパパドプーロス(右) [写真]=Anadolu Agency/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ボスニア・ヘルツェゴヴィナ代表FWエディン・ジェコ(ローマ)が、相手選手のパンツを脱がせて退場となった。イギリスメディア『スカイスポーツ』が13日に報じている。

 13日に2018 FIFAワールドカップ ロシア 欧州予選のグループH第4節でギリシャ代表と対戦したボスニア・ヘルツェゴヴィナ代表。1-1の引き分けに終わった同試合で発生した珍事に注目が集まっている。

 ジェコは同試合の80分、ギリシャのDFキリアコス・パパドプーロス(ライプツィヒ)とボールを争った際にシャツを掴まれて転倒。プレーが止まり、倒れ込んだジェコが抱えていたボールをパパドプーロスが奪うと、ジェコは同選手の足にしがみつき抵抗し、そのまま手を伸ばしてパンツを脱がせた。主審は副審の話を聞いた後にパパドプーロスにレッドカード、すでに1枚カードを貰っていたジェコに2枚目のイエローを提示し、両者ともに退場となっている。

 1点をリードしていたボスニア・ヘルツェゴヴィナだったが後半アディショナルタイム5分、ギオルゴス・ツァヴェラス(PAOK)に左足ボレーのミドルシュートを叩き込まれて同点に追いつかれ、勝ち点1を獲得するにとどまっている。試合では両チームの選手が乱闘寸前の騒ぎになり、イエローカード12枚とレッドカード1枚が出るなど、後味の悪い一戦となってしまった。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
60pt
マンチェスター・C
56pt
トッテナム
51pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
45pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
36pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
46pt
アトレティコ・マドリード
41pt
レアル・マドリード
36pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
53pt
ナポリ
47pt
インテル
40pt
欧州順位をもっと見る