2016.05.30

メキシコ代表FWプリドが母国で誘拐される…2014年W杯にも出場

アラン・プリド
母国で誘拐されたとみられるメキシコ代表FWアラン・プリド(写真は2015年7月) [写真]=Getty Images
全てのフットボールラバーに捧ぐWebマガジン

 オリンピアコスに所属するメキシコ代表FWアラン・プリドが誘拐された。メキシコメディア『Mediatiempo』など各メディアが報じている。

 A・プリドは1991年生まれの25歳。ティグレスで長く活躍した後、2014年にレヴァディアコスへ移籍し、昨年オリンピアコスへとステップアップしたストライカーだ。

 メキシコ代表としては2011年のコパ・アメリカ、2014年ワールドカップにも出場。同国有数の点取り屋として知られている。

 A・プリドは2015-16シーズンの終了ととともにメキシコへ戻り、シウダー・ビクトリアにある自宅に帰っていた。

 しかし、地元で行われたパーティに参加した後、彼女のイリア・ナサラス氏とともに誘拐されてしまったとのこと。同選手は28日の19時にパーティへ向かい、23時半頃に帰宅するため車に乗り込んだ。そして、その道中でトラックの襲撃を受け、犯人に車から降ろされた上で拉致されたようだ。

 犯人は6名の覆面を被った男性とのことで、妊娠5カ月のナサラス氏はその後、無傷で開放されているという。

 A・プリドの兄であるアルマンド・プリド氏も取材に対して「誘拐されたのは事実」と確認しているとのことで、現在地元警察や治安部隊が捜査を続けている。

(記事提供:Qoly)

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
34pt
レスター
26pt
チェルシー
26pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
25pt
ライプツィヒ
21pt
バイエルン
21pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
25pt
レアル・マドリード
25pt
アトレティコ・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
32pt
インテル
31pt
ラツィオ
24pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング