FOLLOW US

移籍後初ゴールの工藤壮人、MLS公式ベスト11に選出「逆転勝利に貢献」

バンクーバー・ホワイトキャップスに所属するFW工藤壮人 [写真]=Getty Images

 MLS(メジャーリーグ・サッカー)は9日、第10週の週間ベストイレブン「チーム・オブ・ザ・ウィーク」を公式サイトで発表。移籍後初ゴールを記録したバンクーバー・ホワイトキャップスのFW工藤壮人が選出された。

 バンクーバー・ホワイトキャップスは7日、ポートランド・ティンバーズと対戦。2試合ぶりに先発出場となった工藤は、60分に同点となる移籍後初ゴールを決めると、66分には逆転ゴールのアシストも記録し、2-1の勝利に貢献した。

 ベストイレブン初選出となった工藤について、同サイトは「MLS初ゴールを決めただけでなく、アシストも記録して、ポートランドとのカスカディア・カップにおいて逆転勝利に貢献した」と評価した。(同試合は西海岸の3クラブ、バンクーバー・ホワイトキャップス、ポートランド・ティンバーズ、シアトル・サウンダースで争われるカスカディア・カップも兼ねていた)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA