2015.11.03

ジェラードが来季限りでの引退を示唆「ラストシーズンになるかも」

ジェラード
ロサンゼルス・ギャラクシーに所属するジェラード [写真]= AMA/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ロサンゼルス・ギャラクシーに所属する元イングランド代表MFスティーヴン・ジェラードが、来シーズン限りでの現役引退を示唆している。2日、クラブ公式サイトが伝えた。

 ジェラードは今夏、17年間過ごしたリヴァプールを離れ、ロサンゼルス・ギャラクシーに移籍。チームはレギュラーシリーズを5位で終えてプレーオフに進出したが、10月28日にシアトル・サンダースと対戦し2-3で敗れ、今シーズンの日程を終えていた。

 シアトル戦終了後、記者団の取材に応じたジェラードは、「来季は、サッカー選手として僕のラストシーズンになるかもしれない。ここで4カ月の経験を経て、来年はより良いシーズンを過ごすことができるだろう。でも今は、次のシーズンが来ないでほしいと感じている」と引退を示唆し、複雑な心境を明かした。

 また、チームについては「僕らはホームではとても強く、なにも問題はない。でもアウェーでは、湿度や気温、芝生の状態など、さまざまなハードルに直面した」と敵地での戦いに苦しんだと話し、「セットプレーやクロスからの失点をなくせば、2位以上でシーズンを終えることができる」と来シーズンに向けて守備の改善が重要だと主張している。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
10pt
ボーンマス
10pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
10pt
シャルケ
10pt
ドルトムント
9pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
10pt
アトレティコ・マドリード
9pt
レアル・マドリード
8pt
欧州順位をもっと見る
インテル
9pt
ボローニャ
7pt
ユヴェントス
7pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング