FOLLOW US

代表入りの南野、得点ランク2位の今季6ゴール目…ザルツは首位撃破

ザルツブルクでプレーする南野拓実(写真は8月のもの) [写真]=Getty Images

 オーストリア・ブンデスリーガ第11節が4日に行われ、ラピド・ウィーンと日本代表FW南野拓実が所属するザルツブルクが対戦した。南野は右MFで4試合連続の先発出場を果たしている。

 ザルツブルクは開幕2連敗を喫したものの、それ以降は5勝3分けで8試合無敗をキープし、2位につけている。一方、ラピド・ウィーンは7勝1分け2敗の首位。今節は首位直接対決となった。

 最初にチャンスを掴んだのはラピド・ウィーン。17分、右CKを獲得するとシュテファン・シュタングルがヘディングシュートを決めて先制に成功する。

 一方のザルツブルクは43分、ナビ・ケイタからパスを受けた南野がエリア内左から右足シュート。これが相手DFに当ってコースが変わり、ゴール左に吸い込まれた。南野にとっては得点ランキング2位タイの今シーズン6ゴール目となった。前半は1-1の同点のまま終了を迎える。

 ザルツブルクは60分にオマル・ダマリを下げてヨルディ・レイナを投入した。すると65分、ゴール前でボールを持ったクリスティアン・シュヴェクラーがミドルシュートを狙った。これが相手DFに当ってコースが変わり、GKヤーン・ノヴォタの逆を突く格好になってゴール右下に吸い込まれた。ザルツブルクが逆転に成功する。

 ザルツブルクは83分に南野を下げ、コンラド・ライマーを投入した。このままザルツブルクがリードを守りきり、2-1でラピド・ウィーンを下している。これでラピド・ウィーンとの勝ち点差を1まで縮めている。なお、南野は83分まで出場した。

 次節、ラピド・ウィーンは敵地でヴォルフスベルガーと、ザルツブルクはホームでアドミラ・ヴァッカーと対戦する。

【スコア】
ラピド・ウィーン 1-2 ザルツブルク

【得点者】
1-0 17分 シュテファン・シュタングル(ラピド・ウィーン)
1-1 43分 南野拓実(ザルツブルク)
1-2 65分 クリスティアン・シュヴェクラー(ザルツブルク)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA