2015.06.29

性的嫌がらせのハラ、3試合出場停止が決定…W杯予選の初戦も欠場

ハラ
チリ代表でプレーするハラ [写真]=LatinContent/Getty Images

 28日、CONMEBOL(南米サッカー連盟)は、マインツ所属のチリ代表DFゴンサロ・ハラに3試合の出場停止処分を科すことを発表した。FFC(チリサッカー連盟)の公式HPが伝えている。

 ハラは24日のコパ・アメリカ2015準々決勝ウルグアイ代表戦で、パリ・サンジェルマン所属のウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニの尻を触るという挑発行為を行っている。

 審判団はハラの挑発に気づかなかったものの、同選手の顔を押して抵抗したカバーニにはこの日2枚目のイエローカードを提示。カバーニはピッチを後にした。試合後には、アトレティコ・マドリードに所属するウルグアイ代表DFディエゴ・ゴディンがハラの行為に言及し、「罰されてほしい」と希望していた。

 なお、出場停止期間を残したまま大会が終了した場合、処分は10月から行われるロシア・ワールドカップ南米予選に持ち越される。

 チリ代表は29日に行われる準決勝でペルー代表と対戦する。この試合で勝利を収めれば決勝へ、敗退しても3位決定戦が行われるため、ハラは出場停止期間を2試合消化しワールドカップ予選の初戦を欠場することになる。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
66pt
欧州順位をもっと見る