FOLLOW US

ブラジル代表DFマルセロ、コパ・アメリカ欠場が決定…腰の負傷で離脱

コパ・アメリカ欠場が決まったレアルDFマルセロ [写真]=Getty Images

 ブラジルサッカー連盟(CBF)は29日、同国代表を率いるドゥンガ監督がインテルナシオナル所属のDFジェフェルソンを追加招集したと公式サイトで発表した。

 同サイトによると、レアル・マドリード所属のDFマルセロが負傷している模様で、「医療の問題」により離脱。その代役として21歳のジェフェルソンが追加招集された。

 なお、スペイン紙『アス』によると、同代表のチームドクターがマルセロの負傷について、「レアル・マドリードのドクターから、彼がトレーニング中に腰を負傷したと連絡をもらっていた。いくつか検査を行ったが、月曜日からのトレーニングは行えないと判断した。回復には約3週間を要するだろうね。どちらにせよトレーニングは行えない。彼は歩くことすらできなかったんだ」とコメントしている。

 ブラジル代表は、6月7日にメキシコ代表と、同10日にホンジュラス代表と親善試合を行い、コパ・アメリカに臨む。同大会では、グループCに属し、同14日にペルー代表、同17日にコロンビア代表、同21日にベネズエラ代表と対戦する。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA