2015.01.29

フィーゴ氏、FIFA会長選に立候補へ「フットボールに恩返しを」

フィーゴ
FIFA会長選への立候補を表明したフィーゴ氏 [写真]=Getty Images for UEFA

 元ポルトガル代表MFのルイス・フィーゴ氏が、FIFA(国際サッカー連盟)の会長選挙に立候補する意向を表明した。イギリスメディア『BBC』が報じている。

 FIFA会長選挙は、現会長のゼップ・ブラッター氏や、副会長を務めるヨルダンのアリ・フセイン王子などが立候補を表明している。フィーゴ氏は今回の決断について、自身のツイッターに「発表できて嬉しい。フットボールは私に多くのものを与えてくれた。その恩返しがしたい」と記した。

 また、同氏はアメリカメディア『CNN』のインタビューで「FIFAに対するイメージが悪化している」と主張。「私はこの状況が好きではない」と述べ、改革に意欲を示した。FIFA会長選挙は5月に行われる予定。立候補は今月29日に締め切られる。

 フィーゴ氏は、現役時代にバルセロナやレアル・マドリード、インテルなどでプレー。ポルトガル代表でも127試合に出場するなど中心選手として活躍した。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る