FOLLOW US

アルゼンチンでフーリガンが試合中の選手のユニフォームを強奪

 アルゼンチンで、試合中にフーリガンたちがピッチに乱入し、選手が着ていたユニフォームの上下を強奪する事件が起きたと、イギリス紙『デイリーミラー』が報じている。

 事件は、10日に行われたアルゼンチンの4部リーグに属するスポルティボ・イタリアーノとビラ・サン・カルロスの対戦中に起こった。試合が60分を過ぎたころ、フードを被ったフーリガン複数名がピッチに乱入。0-3で負けていたスポルティボ・イタリアーノに所属するMFエラス・ディ・ビアシのもとへ駆けつけ、罵倒すると、ユニフォームを脱ぐことを要求した。

 同選手が試合後「最初は彼らをかわしていたが、3人もいたんだ」と語るように、複数名のフーリガンに為す術もなくピッチ上で下着姿にされている。フーリガンたちはユニフォームを奪った後、一目散に逃げており、地元警察も逮捕には至っていないとも伝えられた。

 同試合はその後、短い中断を挟むだけで再開。ディ・ビアシも替えのユニフォームを着てプレーを続行したが、0-3のまま試合は終了した。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO