FOLLOW US

田中順也が途中出場…スポルティングがラツィオにPK戦で勝利

 プレシーズンマッチが1日に行われ、FW田中順也所属のスポルティング・リスボンとラツィオが対戦した。田中はベンチスタートだった。

 開始早々、先制したのはスポルティングだった。5分、スペースへの縦パスで左サイドを破ると、中央へのグラウンダーの折り返しをアンドレ・マルティンスが押し込んでゴールネットを揺らした。一方のラツィオも45分、右CKからヘディングシュートが右ポストに当たると、こぼれ球をステファノ・マウリが詰めて同点とした。前半は1-1で終了した。

 両チームともユニフォームを替えて臨んだ後半、先手を取ったのはまたもスポルティング。53分、アドリエン・シウヴァがゴール左隅に沈め、勝ち越しに成功した。田中は73分に途中出場。試合は2-1のまま終盤に突入したが、終了間際にラツィオが再び同点に追いつく。90分、スルーパスに反応したママドゥ・トゥンカラがペナルティーエリア右側に入ると、フェイントで相手GKをかわし、落ち着いてゴールに流し込んだ。

 試合は2-2で後半を終え、PK戦に突入。4-2でスポルティングが制し、勝利を収めた。

【スコア】
スポルティング・リスボン 2-2(PK4-2) ラツィオ

【得点者】
1-0 5分 マルティンス(スポルティング・リスボン)
1-1 45分 マウリ(ラツィオ)
2-1 53分 シウヴァ(スポルティング・リスボン)
2-2 90分 トゥンカラ(ラツィオ)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA