FOLLOW US

元アルゼンチン代表DFサムエルに古巣復帰の可能性が浮上

今シーズン限りでインテルを退団するサムエル [写真]=Getty Images

 今シーズン限りでインテルを退団する元アルゼンチン代表DFワルテル・サムエルの古巣ニューウェルスへの復帰が囁かれている。アルゼンチンのスポーツ紙『Ole!』が伝えている。

 現在36歳のサムエルはボカ・ジュニオルスやローマ、インテルでの活躍が有名だが、1996-1997シーズンに1年だけニューウェルスでプレーした過去を持つ。インテルの退団に際し、「まだ現役でプレーしたい意志が残っている。とにかくボールを蹴ることが好きだから、少なくともあと1年は選手としてやりたい」と述べ、現役続行の意向を表明している。

 サムエルの古巣でもあるニューウェルスでは、現在マキシ・ロドリゲスなどのベテラン選手がプレー。サムエルは同クラブの選手らにメールを送ったという。

「自分が移籍するかなどの話題は一切書かず、あくまで友達にメールを送っただけのこと。今シーズン限りで引退した(ガブリエル・)エインセにもメールしたけど、元気そうでなによりだ。エインセやマキシとはお酒でも飲みにいきたいね」

 ニューウェルスは、エインセが負傷を理由に現役を引退したこともあり、仮にサムエルが加入することになれば大きな補強となる。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA