2014.06.02

コロンビア代表のグティエレス、ディアス監督のリーベル指揮官辞任を嘆く

グティエレス
リーベル・プレートでプレーするグティエレス [写真]=LatinContent/Getty Images

 コロンビア代表候補30人に名を連ねているリーベル・プレートのテオフィロ・グティエレスが、同クラブを率いていたラモン・ディアス監督が辞任したことを嘆いた。コロンビアの首都ボゴタの週刊紙『El Espectador』が伝えている。

 2013-2014のシーズン開幕前にリーベル・プレートに加入したグティエレスは、ディアス監督に向けて感謝の言葉を口にした。

「リーベルに移籍してから私は様々な面で成長できた。自分のためにサポートしてくれた監督を初め、コーチ全員に心から感謝している。リーベルは世界的なビッグクラブで、このクラブの一員になれたことを誇りに思っている。特に、私にとってはラモン・ディアス監督に細かく指導してもらったことが幸せだった。技術的な面でも、精神的な面でもラモンは的確な助言をしてくれた。そのおかげで今があるし、ワールドカップのメンバー候補にも入ることができたのだと思っている。それだけに彼の辞任は残念だ」

 グティエレスは、リーベル・プレートでレギュラーに定着できたのはディアス監督のおかげだという思いが強く、来シーズンも引き続き、同監督にチームを率いてほしかったようだ。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
23pt
リヴァプール
23pt
チェルシー
21pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
20pt
ボルシアMG
17pt
ブレーメン
17pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
エスパニョール
17pt
アラベス
17pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
25pt
ナポリ
21pt
インテル
19pt
欧州順位をもっと見る