2014.05.22

プレミア得点王のウルグアイ代表FWスアレスがひざを手術か、W杯に影響も

スアレス
ひざを負傷し、手術を受けることになったと報じられたスアレス [写真]=Getty Images

 イギリス紙『テレグラフ』は22日、ウルグアイ代表FWルイス・スアレスが、ブラジル・ワールドカップに向けた練習中にひざを負傷し、手術を受けることになったと報じた。

 同紙はスアレスが、練習中にひざをひねり、違和感があったため検査したところ、半月板損傷と診断されたと伝えた。全治や負傷の程度等は不明だが、『テレグラフ』は、「通常は、回復まで4週間から6週間を要するけが」と報じ、6月12日に開幕するワールドカップ出場が危ぶまれると伝えた。

 スアレスは今シーズン、リヴァプールで31得点を挙げ、プレミアリーグ得点王に輝くとともに、PFA(イングランドサッカー選手協会)年間最優秀選手賞とFWA(サッカーライター協会)年間最優秀選手賞の二冠に輝く活躍を見せた。

 ウルグアイ代表は本大会でグループDに所属し、6月14日にコスタリカ、19日にイングランド、24日にイタリアと対戦する。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
67pt
マンチェスター・C
51pt
レスター
48pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
40pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
38pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
46pt
バルセロナ
43pt
セビージャ
38pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
51pt
インテル
48pt
ラツィオ
46pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング